司法書士 弁護士 後払い

後払い業者に司法書士を入れたらどうなる?嫌がらせや取り立ては止まるのか?

2024年2月18日

たかし

闇金からの借り入れ50社以上、支払い総額500万円。それ以外にも現時点で総額1,000万円以上の借金を返済中。 筆者のリアルすぎる体験談をもとに、闇金との縁を切る方法をわかりやすく紹介しています。 私が闇金を利用した経緯は運営者情報に詳しく記載しています。

後払い業者に司法書士を入れたらどうなるの?

取り立ては本当に止まる?

嫌がらせはされないのか?

私は後払い業者に司法書士を介入させたことがあります。

結論からいうと、後払い業者に司法書士を介入させた場合、ほとんどの場合は穏便に解決します。

ただし、依頼する事務所を間違ってしまうと事態がより混乱してしまうので、事務所選びは超重要です。

この記事では闇金や後払い業者から総額500万円以上を借りた経験のある私が、後払い業者に司法書士を入れたらどうなるか、実体験を踏まえて解説します。

 

当サイトおすすめの司法書士事務所はここ!

ライタス綜合事務所の魅力

  • 闇金からの取り立てが最短当日にストップ
  • 受任件数は12,000件以上
  • 後払い・分割払い可能
  • Google口コミ4.6の高スコア

ライタス綜合事務所は闇金問題で一番選ばれている司法書士です。

最短当日に闇金への支払いが0円になります。

相談は無料ですので困っている人はいますぐ相談しましょう!

24時間365日受付中!

今すぐ無料で闇金相談!

 

 

 

後払い業者に司法書士を入れたらどうなるのか

泣いている女性

ここでは、後払い業者に司法書士をいれた場合にどうなるのか解説します。

特に2つめの内容が超重要ですので、参考にしてください。

 

支払いが0円になる

後払い業者に司法書士や弁護士を介入させた場合、ほとんどの場合は取り立てや嫌がらせはストップし、支払い金額も0円になります。

司法書士や弁護士に頼んでも俺たちは絶対に回収する
家族や勤務先から回収する

などと脅し文句を並べてくる業者も多いですが、そんなことはしません。

なぜかというと、後払い業者も司法書士や弁護士が介入してきたら回収が難しくなるのは分かっているからです。

業者もビジネスでやっているので、回収できる可能性も低い人間に時間をかけるほどバカではありません。

事実、私が後払い業者に司法書士を入れた際はすぐに取り立てや嫌がらせがストップしました。

ただし、後払い業者の付き合いの長さによって状況は異なります。

私の場合、合計3社の後払い業者を司法書士へ依頼しました。

A社:5回以上貸し借り経験あり。

→取り立てや嫌がらせが即ストップ。支払いは0円に

B社:A社に同じ

C社:初回借り入れ。返済履歴なし

→司法書士と少し揉めたようだが、支払いは0円に。

後払い業者も、司法書士や弁護士が介入してきたら回収が難しくなるのは分かっているため、何度も貸し借りをしているのであれば「こいつからは十分に儲けさせてもらったら手を引こう」と、あっさり引き下がることがほとんどです。

逆に、一度の支払いの経験がない場合はすんなり納得しないこともあります。

ただ、後払い業者に強い弁護士であれば穏便に解決してくれることがほとんどですので心配する必要はありません。

個人で交渉すると話がややこしくなるので、必ず法律のプロに相談しましょう。

 

どの業者も貸してくれなくなる

司法書士や弁護士を介入させることで、今後どの後払い業者もお金を貸してくれなくなります。これが非常に重要です。

後払い業者から借りたことある人は分かると思いますが、業者に申し込みをした際に他社への申し込み情報については必ず聞かれます。

そして、後払い業者は全ての業者の情報を持っています。これは間違いありません。

後払い業者に司法書士や弁護士を介入させた場合、どの業者も二度とお金を貸してくれません。

正直、闇金から一度借りてしまうと自分の力で後払い業者との縁を切るのは難しいです。

みなさんのなかにも、もう二度と後払い業者は利用しない!と決心したものの、またすぐに借りてしまった人も多いのではないでしょうか。私のそんな一人でした。

借りることができる」という誘惑は非常に厄介です。

司法書士や弁護士を介入させることで「借りることができる」状況を強制的に排除できること、これこそが一番のメリットです。

 

 

後払い業者の連絡を無視するのは危険

危険

 

さきほどは、後払い業者に司法書士や弁護士を入れることで、取り立てや嫌がらせはストップし、支払い金額も0円になると紹介しました。

一方で、支払いが難しくなったからといって、後払い業者からの連絡を無視するのは非常に危険です。

ここでは、後払い業者からの連絡を無視した場合どうなるのか説明します。

 

勤務先への連絡

後払い業者からの連絡を無視していると、勤務先へ電話をしてきます。

電話の際は、業者名をはっきり名乗ったうえで、お金を貸していること、連絡がとれないことをはっきり言ってきます。

そのため、会社にはお金を借りていることがバレてしまいます。

なお、正規の金融業者であれば「○○にお金を貸している」とは決して言いません。

「○○様に確認事項あり連絡差し上げました。03-xxxx-xxxxまで折り返し連絡するようお伝えください」といったような丁寧な対応をしてくれます。

一方、後払い業者ははっきりとお金を貸していることを言ってくるだけでなく、場合によっては高圧的な態度で電話をしてくるため、まともではないところからお金を借りていることが会社にバレてしまいます。

 

家族への連絡

後払い業者は、勤務先だけではなく家族へ連絡してくることもあります。

勤務先同様に、お金を貸していること、連絡がとれないことをはっきり言ってくるので、家族にもまともではないところからお金を借りていることがバレてしまいます。

 

ネットへの晒し行為

個人的にはこれが本当にやっかいですので、後払い業者からの連絡を無視するのは絶対にやめてください。

後払い業者へ申込みした際、多くの個人情報を渡したと思います。

そのなかには自撮りの写真や免許証などの写真も含まれていたのではないでしょうか。

後払い業者からの連絡を無視した場合、個人情報をSNSなどに晒してくることがあるため非常に危険です。

以下はX(旧Twitter)に投稿された内容です。(個人情報箇所は塗りつぶしています。)

Xでの晒し

Xでの晒し行為

 

以下は、晒しサイトへの投稿です。

晒し行為

晒しサイトへの投稿

 

晒された情報は対策をしない限り、これらの情報は永遠にネットに残り続けます。

厄介なのが、自分の名前で検索したときに検索結果の上位に表示されてしまうことです。

なにかの拍子に知り合いが自分の名前を検索した場合に見られてしまうので、一刻も早く消したい情報です。

個人情報が晒された場合は誹謗中傷ホットラインに相談するのをおすすめします。

誹謗中傷ホットラインは一般社団法人セーファーインターネット協会(SIA)が運営しており、ネット上の誹謗中傷に対して掲載されているサイトに利用規約等に沿った削除等の対応を促す通知を行ってくれます。

また、Google 検索から個人的なコンテンツを削除するようリクエストすることで検索結果に表示させなくすることも可能です。

どちらも相談は無料ですので困っている方はすぐ連絡しましょう。

 

後払い業者に強い司法書士の特徴

後払い業者に強い事務所の特徴

 

後払い業者に司法書士を介入させる場合、どの事務所に依頼すればよいか分からない人も多いかと思います。

後払い業者に強い事務所に依頼する」のが一番なのですが、ここでが具体的にはどのような事務所に依頼するべきか解説します。

 

後払い業者との対応実績が豊富な事務所

当然ですが、後払い業者は違法業者です。

このような業者は自らが違法業者であることを理解しているので、経験の浅い事務所に依頼するとかえって事態を混乱させることにもなりかねません。

依頼する際は必ず後払い業者との対応実績が豊富な事務所に依頼しましょう。

なお、私の一番のおすすめ事務所は記事の最後に紹介します。

 

依頼者に寄り添ってくれる事務所

後払い業者との実績を売りにしている事務所はいくつかありますが、なかには対応が悪い事務所もあります。

こいつら後払い業者とグルなんじゃないか?と思うほどひどい事務所もあるのが事実です。

私の経験から言わせてもらうと、以下のような特徴がある事務所は依頼者に寄り添ってくれるため、信頼できる事務所です。

  • 自分たちから後払い業者に連絡してくれる事務所
  • 後払い業者へ1円も支払わないスタンスで交渉してくれる事務所
  • 費用の分割払い・後払いに対応してくれる事務所
  • 電話口の対応がよい事務所

 

 

おすすめは司法書士法人ライタス綜合事務所

ライタス綜合事務所

後払い業者に一番強い事務所は司法書士法人ライタス綜合事務所です。

ライタス綜合事務所は今まで累計12,000件以上の闇金や後払い業者に関する相談を受けている実績があります。

ほとんどの後払い業者は過去に対応したことがあるはずです。

今までのノウハウを活かして、最短当日で後払い業者からの取り立てをストップしてくれます。

私は合計6社の後払い業者を利用しており、依頼前はこれでもかというくらい取り立ての連絡がきていましたが、依頼後はどの業者からも一切連絡がこなくなり拍子抜けしてしまったことを覚えています(笑)

また、ライタス綜合事務所は多くの業者のことを知っているため、事前にある程度情報を教えてくれます。

「この業者はすぐに手を引きますよ」

「この業者はゴネることが多いので、少し手こずるかもしれません。」

初めて司法書士に依頼する場合、本当に穏便に解決できるか不安になる人も多いかと思います。

ライタス綜合事務所は事前に業者の情報を包み隠さず教えてくれるため事前にある程度結果がわかるので、安心して依頼することができます。

また、相談は24時間365日受け付けており、何度でも無料ですることができるのが地味にありがたいです。

後払い業者は土日祝日も営業していることが多いので、土日にさくっと依頼して業者に連絡をしてもらい、解決してもらいましょう。

平日に依頼すると、対応状況が気になって仕事どころではなくなります。(笑)

24時間365日受付中!

今すぐ無料で闇金相談!

LINEでの相談もOK

 

後払い業者に関して司法書士へ依頼する際の流れ

契約手続き

後払い業者に関して司法書士へ依頼する際の流れは以下通りとなります。

依頼の流れ

  • 無料相談(電話・メール・LINE)
  • 司法書士(弁護士)との電話
  • 受任契約を締結・後払い業者との交渉
  • 解決(費用の支払い)

 

無料相談(電話・メール・LINE)

ほとんどの事務所は無料で相談を受け付けています。

相談の際は後払い業者に関する以下情報を整理しておくと相談がスムーズにすすみます。

相談前に整理しておくこと

  • 闇金の名前、連絡先
  • 今までの借り入れ、返済履歴(それぞれ日にちと金額)
  • 次回返済予定日
  • 司法書士(弁護士)費用支払いに関する希望

 

司法書士(弁護士)との電話

問い合わせをした後は、司法書士(弁護士)からの電話を待ちましょう。

それぞれの業者に適した解決方法を提案してくれます。

わからないことがあれば遠慮なく確認するようにしましょう。

 

受任契約を締結・後払い業者との交渉

契約締結後は司法書士が後払い業者との交渉を行ってくれます。

なお、司法書士の交渉が開始した後はこちらからは決して後払い業者に連絡しないでください。

もし業者から連絡があった場合は必ず司法書士に連絡するようにしてください。

司法書士(弁護士)を介入させた後は業者からの連絡は全て無視しましょう。

 

解決(費用の支払い)

後払い業者との問題が解決した後は契約通りに費用の支払いを進めましょう。

もし支払いが難しくなった場合は早めに司法書士に相談するようにしてください。

 

まとめ

この記事では後払い業者に司法書士を入れたらどうなるかについて解説しました。

後払い業者に司法書士を介入させた場合のほとんどは穏便に解決しますが、事務所選びは非常に重要です。

対応実績が豊富な事務所、依頼者に寄り添ってくれる事務所を選ぶようにしましょう。

相談は無料で受け付けているところが多いので、後払い業者に悩んでいる方は今すぐ相談して闇金との縁を切りましょう!

 

-司法書士, 弁護士, 後払い