司法書士 弁護士 闇金

闇金問題に弁護士は意味ないって本当?正しい弁護士への依頼方法を解説します

2024年1月20日

たかし

闇金からの借り入れ50社以上、支払い総額500万円。それ以外にも現時点で総額1,000万円以上の借金を返済中。 筆者のリアルすぎる体験談をもとに、闇金との縁を切る方法をわかりやすく紹介しています。 私が闇金を利用した経緯は運営者情報に詳しく記載しています。

おそらく、この記事を見てる方は闇金の支払いに困っており、弁護士や司法書士に依頼するか悩んでいるのではないでしょうか。

一方、依頼することで支払いが止まるのか、嫌がらせや取り立てがはじまるのではないか、依頼しても意味ないのではないかと不安になる人も多いかと思います。

結論から言うと、弁護士や司法書士に依頼することには大きな意味があります。

過去に私も弁護士や司法書士へ依頼したことがありますが、穏便に闇金問題を解決がすることができました。

この記事では、闇金から総額500万円以上を借りた経験のある私が闇金問題を弁護士や司法書士へ依頼した場合にどうなるかを自身の体験をふまえて詳しく解説します。

当サイトおすすめの司法書士事務所はここ!

ライタス綜合事務所の魅力

  • 闇金からの取り立てが最短当日にストップ
  • 受任件数は12,000件以上
  • 後払い・分割払い可能
  • Google口コミ4.6の高スコア

ライタス綜合事務所は闇金問題で一番選ばれている司法書士です。

最短当日に闇金への支払いが0円になります。

相談は無料ですので困っている人はいますぐ相談しましょう!

24時間365日受付中!

今すぐ無料で闇金相談!

 

闇金は弁護士や司法書士に相談しても意味ない?

結論から言うと、弁護士や司法書士に闇金問題を依頼することに意味はあります。

弁護士や司法書士に相談にしてもうちは徹底的にやる
支払いに困ったらまずうちに連絡をよこせ。弁護士や司法書士へは連絡するな

などと言ってくる闇金は非常に多いです。

しかし、本当に徹底的にやるのではわざわざ言う必要はないかと思いませんか。

わざわざ口にするということは弁護士や司法書士に依頼されたら困るということの裏返しです。

意味がないというのは単なる闇金の脅し文句です。

 

なぜ闇金は弁護士や司法書士を嫌がるのか

NGを出している人

闇金はなぜ弁護士や司法書士が介入することを嫌がるのでしょうか。

ここではいくつかの理由を紹介します。

 

回収の見込みがなくなる

最近の闇金は良くも悪くもビジネス思考が強いです。

支払いが遅れたら自宅に回収へ行く、勤務先にお構いなしに回収いくなどといったような、映画やドラマで見たことあるような闇金はほとんど存在しません。

回収見込みが低い相手に対してはすんなり手を引き、回収見込みの高い相手から取り立てることが多いです。

弁護士や司法書士に介入された相手からの取り立てが難しいのは彼らが一番わかっているため、介入させないように脅し文句を並べているのです。

依頼前は非常に強気なものの、弁護士や司法書士が介入した瞬間おとなしくなる闇金がほとんどです。

 

口座や携帯電話を止められる

弁護士や司法書士は闇金の携帯電話の強制解約や銀行口座の凍結手続きをおこなうことができます。

携帯電話と銀行口座は闇金にとって非常な重要な商売道具です。

また、闇金が使っている携帯電話や銀行口座は自分たちのものではありません。

高いお金を払い専門の業者から買うことになります。

これらを止められると再度業者から購入する必要があるだけではなく、凍結された口座からはお金をおろせなくなるため闇金からすればなんとしても避けたい事態なのです。

 

逮捕を恐れている

当然ですが闇金は違法業者です。今までも多くの闇金が逮捕されています。

以下はソフト闇金「メビウス」「ピカソ」が逮捕に関する記事です。

メビウスとピカソは数年前はそこそこ有名なソフト業者でしたが、最後はあっけなく逮捕されてしまいました。

「返せなければ口座売れ」 400人超の顧客、犯罪に加担 長崎県警がソフトヤミ金摘発

「ソフト闇金ピカソ」の5人逮捕 40歳リーダーが貸し出し審査、客によって差があるも超高金利

また、最近だとフリーマーケットサイトを装って事実上の闇金営業をしていた「ギフリー」が逮捕されています。

金券の売買装い「ヤミ金」 神奈川県警、容疑の男女6人再逮捕

ここで紹介した闇金以外にも、多くの闇金が逮捕されています。

 

闇金問題は個人で解決できるのか

問題解決

繰り返しとなりますが、闇金トラブルに弁護士や司法書士に闇金問題を依頼することは大きな意味があります。

一方、個人で闇金トラブルを解決するのは難しいです。

相手を逆上させるだけではなく、以下のようなことになることもあるため非常に危険です。

 

膨大な遅延金をとられる

基本的に闇金は1日であっても支払い遅れを許してくれません。

仮に許してくれたとしても、代わりに膨大な遅延金を請求されます。

私の場合、1日ごとに5,000円の遅延金を請求されたこともあります。

ただでさえ利息が膨大であるため、確実に支払いが不可能になります。

 

取り立てや嫌がらせがはじめる

闇金への支払いができなくなった場合、自身の携帯への鬼電だけではなく、会社や両親、さらには関係のない人にまで連絡をされることになります。

闇金の取り立てや嫌がらせについては以下の記事にまとめているので参考にしてください。

 

個人情報を晒される

闇金へ申込みをする際は多くの個人情報を渡すことになります。

支払いが遅れた場合、申込みの際に渡した個人情報をSNSなどで拡散される可能があるため非常に危険です。

個人情報の拡散については以下の記事にまとめているので参考にしてください。

 

弁護士や司法書士に依頼するメリット

メリット

さきほど紹介したように、個人で闇金トラブルを解決するのは非常に難しいです。

一方、弁護士や司法書士に依頼することで以下のようなことを期待できます。

 

取り立てや嫌がらせが止まる

弁護士や司法書士を介入させることで闇金は「これ以上こいつからお金を稼ぐことはできない」と判断します。

回収見込み無しと判断した相手に対してはすんなり引くことも多いため、結果的に闇金からの連絡や嫌がらせはなくなります。

私が司法書士へ依頼した際は、依頼したその日に闇金からの連絡が止まりました。

 

精神的に安定する

個人で闇金とトラブルに対応した際、一時的に闇金から連絡が来なくなることがあるかもしれません。

しかし、いつ取り立てが再開するかもわかりません。

そのような恐怖に怯えながら生活するのは精神的によくありません。

弁護士や司法書士を介入させることで基本的には闇金からの連絡はなくなりますが、万が一連絡がきても代わりに対応してくれるため闇金からの恐怖に怯えることなく生活をすることが可能になります。

 

闇金との縁を完全に切ることができる

長年闇金から借りていた私の経験談から言わせてもらうと、弁護士や司法書士を入れて闇金と強制的に縁を切ることは非常に重要です。

一度借りてしまうと、闇金との縁を切るのは難しいです。

私の場合、完済した後も闇金からの営業されて再度借りてしまったことが何度もあります。

もう二度と借りたらダメだとわかっていても、誘惑に負けて何度も借りてしまうのです。

当然ですが、弁護士や司法書士を入れると闇金はその後お金を貸してくれません。

また、闇金は専用のデータベースを共有しています。

一度弁護士や司法書士を入れるとその情報が共有され、どの闇金もお金を貸してくれなくなります。

私の場合も、司法書士を介入させたことで闇金からの営業もなくなり、結果的にこれが幸いして無事闇金と縁を切ることができました。

本当は自らの手で闇金と縁を切るのがベストですが、一度闇金から借りてしまうとなかなか難しいのです。

 

闇金以外の借金問題を整理できる

おそらく、闇金に苦しんでいる人は消費者金融などの支払いにも苦しんでいるのではないでしょうか。

私も、闇金から借りていた時点で400万円以上の借金がありました。

弁護士や司法書士は任意整理や自己破産にも対応しているため、闇金の相談と同時に任意整理などをすることで借金の支払いを整理することができます。

 

弁護士や司法書士へ依頼するときの注意点

チェックポイント

弁護士や司法書士へ闇金問題を依頼する際は、以下の点に気をつけましょう。

 

対応実績を確認する

依頼しようとしている事務所の闇金対応実績は必ず確認しましょう。

闇金問題は解決が難しいため依頼を断る弁護士や司法書士も少なくありません。

以下の内容を確認したうえで、自らが納得いく事務所に依頼してください。

確認ポイント

闇金対応の実績数

具体的な対応内容

利用者の口コミ

費用の安さだけで決めてしまう人が多いですが、必ず実績を確認しましょう。

 

すぐに対応してもらえるか確認する

ほとんどの場合、依頼者は当日中の問題解決を期待していると思います。

原則は当日対応の事務所が多いですが、事前に公式ホームページ等で詳細を確認しましょう。

また、申込みが集中している場合はメールの返信が遅くなるともあるので、電話で依頼することをおすすめします。

 

費用を確認する

当然ですが、弁護士や司法書士へ依頼するには費用がかかります。

一方、闇金に苦しんでいる人のほとんどは手持ちに十分なお金がないのではないかと思います。

事務所によっては分割払いや後払いに対応しているため、依頼前に詳細を確認しましょう。

私の場合、月10,000円の分割払いで対応してもらいました。

 

闇金とのやり取りを整理しておく

闇金問題を依頼する際、弁護士や司法書士より多くのことをヒアリングされます。

以下情報をきちんと整理したうえで相談するようにしましょう。

依頼前に整理しておくこと

闇金の名前、連絡先

今までの借り入れ、返済履歴(それぞれ日にちと金額)

次回返済予定日

司法書士費用支払いに関する希望

 

まとめ

この記事では闇金問題を弁護士や司法書士へ依頼した場合どうなるかを紹介しました。

弁護士や司法書士が意味ないというのは単なる闇金の脅し文句です。

依頼することで闇金との縁を完全に切ることができます。

悩んでいる方は速やかに弁護士や司法書士へ相談しましょう!

-司法書士, 弁護士, 闇金